人工授精にチャレンジ!

 初めての不妊治療らしい不妊治療。人工授精!

人工授精までに何度か内診をして、卵胞が育っているかを確認、排卵日を予測する。

人工授精前日に排卵を促すHCG注射をする。この注射をすれば、翌日に排卵する。HCG注射は筋肉注射で結構痛い。今まで病院の受付で見かけた痛そうに肩を抑えている人達は、この注射をしていたのか。

人工授精は至って簡単でした。

いつも内診を受けているのと同じ部屋で、注射器で精子を入れるのみ。

処置が終わってドクター(欽ちゃん)が、

次の治療は…月経が来たら一度受診にきてください

と…。

人工授精したのに、「月経が来たら」が一番に出てきてびっくり。人工授精で妊娠はほぼ夢のようなものだからね。

かかったお金は診察費、薬代なども入れると2万円ほど。

このブログの人気の投稿

43歳 独身の不妊治療

診察予約が不妊治療のスタート

【本当は怖い】論文「不妊治療により43歳以上で妊娠が成立した118症例の検討」