診察予約が不妊治療のスタート

 今日からは、少し過去を振り返りながらの投稿です。過去と言っても一年以内のことです。少しうろ覚えのことや、あえてぼかす部分がありますが、ご理解ください。

不妊治療のスタートはどこから?

独身にとっては「妊娠・出産できるか」より、まず「本当に治療をスタートできるか」が不安だ。

さまざまな病院やクリニックのサイト、経験者のブログなどを何ヶ月もかけて調べ、不妊治療は独身でもできることを確認していた。

そして、ついに今日この地域で一番大きな病院に電話をした。

何度も迷いながらようやく心を決めて…



病院「はい、〇〇病院です。」

私 「不妊治療の受診をしたいと思い、お電話しました。」

病院「こちらは出産を希望されるご結婚されているご夫婦の方が対象になりますが、お間違えありませんか?」

 

ああ、「ご結婚」という言葉が重い。だが、私は心を決めている。


私「はい…」


「結婚」は「法的な結婚」とは限らないと自分に言い聞かせ、そう答えた。診察予約を取らなければ始まらないのだから。

(続く)


 

このブログの人気の投稿

はじめての診察(自動回転式の内診台で)

43歳 独身の不妊治療