2回目の診察(ドキドキの卵巣年齢が判明!)

血液検査の結果が出た。

気になるのはAMHという卵子の在庫数を予測する値。

 

私の値は約1.4。平均でみると、1.4だと39歳くらい!卵巣年齢若いのでは?

ドクター(欽ちゃん)「まぁ、年相応ですね。ゆっくりしてられないね。」

はっきり教えてくれてありがとう!急がないと。

他にも、AMHの値は卵子の質とは関係がないことや卵子の質は年齢が上がるほど下がっていくことの説明を受ける。

すなわち、高齢でAMHの値が高い場合、体外受精を行うための卵子は採取できても、その卵子の質が悪いために受精卵は染色体異常となる確率が高まるのだろう。


このブログの人気の投稿

43歳 独身の不妊治療

診察予約が不妊治療のスタート

【本当は怖い】論文「不妊治療により43歳以上で妊娠が成立した118症例の検討」